福岡を代表する伝統ある屋台「花山」!

福岡の箱崎宮の側にある屋台、花山。

昭和28年から始まっている。

かつては周りにたくさん店が並ぶ中、花山だけはずっと残り続けた。

その理由は何なのか?とことん追求してみた。

 

あそこのラーメンは格別に美味しい。

他のどの店でも味わえない、特殊なスープがそこにある。

 

海水からスープを作るこだわり、

調味料を使わないこだわり、

仕込みを数時間かけて丁寧に行うこだわり、

そういった一つ一つ、細部へのこだわりから生まれてくるものなのだろう。

 

そして大将も副大将もすごく魅力的だ。

 

気さくで器が大きい。

何でも受け入れ、許す、その心構えがある。

会話もよく弾む。

 

福岡は本音と建前を分けない、すごくシンプルで素朴で魅力的な人が集まる場所だ。

 

地位や名誉なんて、そこでは全くもって関係無い。

すごくフレンドリーで、何だって話してしまう。

 

福岡に来たら、必ず訪れるべき、究極の名店!