読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活でやってはいけない3つのこと 〜面接編〜

能力はあるけど、面接が苦手。。。

 

そういう人を見たことがある、

もしくは、あ、自分だ。

 

なんてことはよくあることと思います。

 

そこで今回は、

 

「相手の意図を理解する」学生は得をする

 

 

というテーマで、面接担当者からの3つの質問に分けて説明します。

(前提として、質問を捻じ曲げ、自分の話に持ち込む。

 聞いたことに正対しない回答をする。ような人はアウトです。注意!)

 

 

まず一つ目。

 

面接官「学生時代で一番大変だったことは何ですか?」

 

ここで知りたいことは、メンタル!

 

「これがきつかったです。。。」

 

 

だけはだめ!

 

 

「これが大変でした。そこでこういう風に対処していきました。」

が良い。自分でどう乗り越えれたかを語れると非常に好印象。

 

 

二つ目。

 

面接官「あなたの長所と短所を教えてください」

 

 

ここで、当たり障りなく、弱みを見せないように…

系はだめです。

 

例えば、

「すごく考え過ぎて、出足が遅れることです。」

 

これは短所を答えているようで、

よく考えたのちに動く人なんでしょ?となる。

 

 

短所は何よりも素直さが大事。

そして、思うに、

 

だからこそ、この短所以上に

長所、強みを磨いています。

あるいはその強みで短所をカバーできるということを伝えられると

より印象が良い。

 

 

 

三つ目。

 

面接官「最後に、何か逆に質問はありますか?」

 

 

この三つ目で取り返せることも可能。

実際そういう人の話を聞いたこともある。

 

 

「会社での働きがいは何ですか?」

とか

「福利厚生は?」

とかは論外です。

 

 

採用したいのは

この人なら活躍するな。と思わせるような人!

 

例えば、

「〇〇をしたいんですが、そういう挑戦はできますか?」

とか

「〇〇をするために、これから何を準備しておけますか?」

など。

 

就職したその先を見据えていれる人は、期待が持てます

 

 

>.</