組織で役職はいるのか??

役職って何のためにあるのか。

 

そこについて考えていきます。


役職を決めればひとまず、

色んな雑務はスムーズに行くと思います。

 

 

しかし、
何故、役職が必要なのか??

 

役職を決める前に

問う必要があると思います。

 

僕個人は、役職、地位、学歴は所詮、
ただの名札だと思っています。

 

 

<役職のネガティブな潜在性>
責任が一定の場所に過度に集中

重い役職の人が善良ではない独裁者の出現 or 一人しんどい。
軽い役職の人が雑に行動する or 責任転嫁が始まる

 

理想は役職などなく、
気づいたことに一人一人が主体的に動くこと。

 

役職よりも大事なのは、自分の存在価値、強みが何なのか。

役職はその後のただの名札ですよね。

 

 

役職が先にくるのではなく、

 

この人は

一番実行力、決断力がある...だから社長係

とか、この人は

一番情報収集力、学習欲がある...だから戦略係

 

じゃないでしょうか。

地位、役職の力が強すぎるのでは?

と、思うことが日本ではよくある気がします。

 

全員の個性、才能に目を向けてから、

自分の立ち位置を知り、

(必要なら役職つけて)

 

みんなが力を発揮するチーム作りを進めていく

 

ことが理想形じゃないかとテナスカは考えます。

 

>.</