読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカロレア教育も一長一短 〜現場を訪問してみて〜

教育

最近徐々に、どんどん有名になってきているバカロレア教育。

 

 

その実態は非常に

 

「研究者スタイル」

 

によく似ている。

つまり、学問を究めようとする子にはうってつけなのです。

 

 

ナスカ自身はバカロレア教育が好きです。

<理由>

物事に対して、深く追求する(知識は覚えるのではなく、使う)

常に何故から始まり、何と関係しているかを考える

 

 

実社会で必要な

 

「考える力」

 

 

が養われそうです。

日本も2018年には200校の設置を目標としています。

 

一方、テナスカが現場訪問してみての、デメリット。

 

  1. 当たる教育者によって当たり外れが大きい
  2. きちんとしたバカロレア教育を受けようと思うと高価!
  3. スポーツ(文武両道)が弱い。

 

 

1と2はテナスカがこれからやっていく

 

家庭教師

保護者様へのサポート

 

等でカバーしていきたいなぁと考えているところです。

 

 

3に関しては、しょうがないのかな。。。

学校外のチームに入るとか。

 

 

一条校で部活やって育ってきたテナスカ

 

「本気でやるスポーツ」

 

への意識が薄まるのは勿体無いなぁともちょっと思いました

 

 

>.</