福岡を代表する伝統ある屋台「花山」!

福岡の箱崎宮の側にある屋台、花山。

昭和28年から始まっている。

かつては周りにたくさん店が並ぶ中、花山だけはずっと残り続けた。

その理由は何なのか?とことん追求してみた。

 

あそこのラーメンは格別に美味しい。

他のどの店でも味わえない、特殊なスープがそこにある。

 

海水からスープを作るこだわり、

調味料を使わないこだわり、

仕込みを数時間かけて丁寧に行うこだわり、

そういった一つ一つ、細部へのこだわりから生まれてくるものなのだろう。

 

そして大将も副大将もすごく魅力的だ。

 

気さくで器が大きい。

何でも受け入れ、許す、その心構えがある。

会話もよく弾む。

 

福岡は本音と建前を分けない、すごくシンプルで素朴で魅力的な人が集まる場所だ。

 

地位や名誉なんて、そこでは全くもって関係無い。

すごくフレンドリーで、何だって話してしまう。

 

福岡に来たら、必ず訪れるべき、究極の名店!

アフィリエイトに使える教材と利点

「 トレンドアフィリエイト 」

 

< 教材 >

人情PPCの極意

 

< 利点 > 

・集客が行いやすい

・商品を選ばなくて済む

・ライティング力はそんなにいらない

→ マスターすれば物販に応用可能

 

 

「 物販アフィリエイト 」

 

< 教材 > 

 風花初芽

 

< 利点 >

・簡単に廃れるような手法ではなく、普遍的なノウハウ

 →ノウハウを付けると、長く稼げる

・仕事当たりの得られる対価も良い 

 

 

「 PPCアフィリエイト 」

 

< 教材 >

人情PPCの極意

 

< 利点 >

SEOを考える必要がない

 

 

「 Youtubeアフィリエイト

 

< 教材 >

エビルユーチューバー

 

< 利点 >

・文章を書くのが苦手、動画作成に自信がない人でもできる

 

 

 

全部挑戦するのが手っ取り早いですが、

 

それぞれの利点と、

 

自分は

何が得意で

何が苦手で

何を普段扱っていて

どのように稼ぎたくて

 

 

といったことを掛けわせて考えてから始めると良さそうですね。

日本の大学の授業は、世界でもかなり出遅れている??

大学の授業を4年間、旧帝国大学で受けました。

正直、大学に入る前は期待を膨らませ、

どんな体験ができるだろうと

ワクワクして入学したこともあって失望も大きかった。。。

 

 

 

高校生テナスカの思い込み⇩

「大学では刺激的な授業が受けられるだろう」

 

 

結果

 

 

「高校の時とさほど変わらないひたすら聞く授業」

「教授の要望通りの答えを導き出すことがほとんど」

「後ろの席では声が聞こえてこない、か細い教授の声」

 

 

 

大学卒業後、大学院で研究を突き詰めていく内に、

より一層この授業は、

 

物足りない…寧ろ、やばい?

 

って思いました。

 

 

プロの研究を目指すのであれば、大事なのは、

 

 

自分でクリエイティブな目標、あるいは未だ解決されていない課題>

 

に目指して、自分でそれを達成、解決していくための手法を練り、

それを行動に移していく実行力。

 

 

ということは、ひたすら聞いて、

 

教授が出す問題に答える形式の授業は

 

それ以降、実際に向き合っていく問題に対して、メリットが低い。

 

 

例えばアメリカの大学の授業の場合

 

・講義

・ディスカッション

・プレゼンテーション

 

が含まれ、その比率もバランスよく分けるよう意識しているが、

 

日本は大体が講義、講義、講義。

 

 

これは

「受け身」を染み付けさせる悪循環では…?

 

 

授業を改革していくことが今後強く求められる。

 

 

>.</